歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!
歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!

自信が持てなくなる原因

ホワイトニング歯磨き | 09月09日更新

歯の黄ばみが気になる人は歯に対してコンプレックスを持っており、人前で思いっきり笑うことを躊躇するケースも多いと聞きます。
顔のパーツの中でも歯は口元の印象を象徴するようなところなのでどうしても目がいきますし、その分コンプレックスになる可能性も高いのです。
そんな状況では歯だけでなく自分自身にも自信が持てなくなり、何とかしたいと思うようになるはずです。

歯の黄ばみを取り除くうえでホワイトニングを行う人はたくさんいますが、その前にまずはなぜ歯が黄ばむのかその原因をお伝えしたいと思います。
歯は表面を覆うエナメル層、その内側にある象牙質、中心部にある歯髄(神経)の3層で成り立っており、中でもエナメル層と象牙質が大きく関係していると言われています。

まずエナメル層は歯の表面をコーティングしている部分ですから、一番いろいろなものが付着しやすいところなので唾液中の糖タンパクなどによってできる黄ばみの原因の「ペクリル層」や歯垢の原因になる「プラーク層」が付着します。
これは少なからず誰でも起こうることなのですが、ポリフェノール・タンニン・カテキンを多く含む飲食物や色の濃いもの、またソースや着色料のついたジュースなども原因として大きいと言われています。
そして喫煙は歯の黄ばみを引き起こす非常に大きな原因になりますから、ホワイトニングをするなら禁煙は必須になります。

さらにエナメル層の下にある象牙質はもともと少し黄色がかっていて、その色がはじめから濃いめの人もいます。
したがって先天的に歯の黄ばみがある場合も考えられるので、セルフケアでも治らない場合は歯科医の専門的な治療を受けるといいでしょう。

このように歯が黄ばむ原因はいろいろな要素が重なり合って起こるので、これと言った限定的な原因はありませんが、普段の生活から予防することは可能です。
特に毎日の歯磨きはとても重要ですから、ホワイトニング効果の入ったものを使うなど工夫してみてください。

top