歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!
歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!

歯に汚れが付いてしまう理由

ホワイトニング歯磨き | 09月09日更新

歯が黄ばんでいたり、汚れがついていたりすると笑ったときに目立ちますし、歯が白い人の隣にいると一層それが際立ってしまいます。
そうすると歯を見せることを躊躇するようになるため、笑顔が少なくなり不愛想な印象を与えてしまうこともあるでしょう。
そんな状況を回避するためにもしっかりホワイトニングに取り組み、黄ばみや汚れを取り除く努力をしてほしいと思います。
そこでここではなぜ歯が黄ばんだり、汚れが付着するのか、その理由をお伝えしますので気になっている方は読んでみてください。

はじめに歯の表面はエナメル層と呼ばれる層でコーティングされており、ここに変色する原因となるものが付着すると黄ばみや汚れに繋がります。
その代表格とも言えるのがタバコとコーヒーで、常時この2つ摂取する人はだいたい歯の色が変色していると思います。
タバコに含まれているタール(ヤニ)を口の中に含むことによってエナメル層に汚れをつけますし、コーヒーやココア、チョコレート、緑茶なども変色の原因になる飲食物です。
基本的に色が濃い飲食物は歯の黄ばみや汚れもつきやすいですから、食べすぎには注意してください。
特にタバコは歯だけでなく体のいろいろなところへ悪影響を及ぼすので禁煙するのが望ましいでしょう。

そして口の中に飲食物が残っているとそれが汚れになって残ることもありますし、歯石によって歯が黒くなってしまうこともあります。
この場合歯科で除去してもらうのがもっとも効果的ですから、定期的に歯科へ受診して歯のメンテナンスを行うといいでしょう。

このように歯が黄ばんでしまったり、汚れがついてしまう理由はある程度分かりやすいので、対策も立てやすいですし情報も数多く公開されています。
インターネット上にもタメになる情報が掲載されていますから、そういったサイトを参考にしながらどのようにしてケアすればいいのか調べてみてください。
白い歯は自分に自信を与えてくれますので悩んでいる人はまず情報収集からスタートしてみましょう。

top