歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!
歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!

自分でどこまで白くできるか

ホワイトニング歯磨き | 09月17日更新

自分でホワイトニングをする場合、どこまで白くできるのでしょうか?
ホワイトニングは本格的にやろうと思うなら歯科で過酸化尿素か低濃度の過酸化水素を使って行うのが一般的です。
歯科でやるメリットは安全性と確実性がある点で、いろいろなケースに対応できるところにありますが、その分コストもかかります。
黄ばみや汚れがひどい場合は歯科へ行ったほうがいいかもしれませんが、それほど気になる状態でもなかったり、予防のためにやりたいと考えている人は自分でやるのもありだと思います。

それでは自分でホワイトニングをする場合、どのような方法があるのでしょうか?
まず最初にあげられるのがホワイトニング成分の含まれている歯磨き粉を使うことで、これはお店に売っているものから通販で買えるものまで幅広くありますから、インターネットなどを利用して情報収集してみましょう。
そして歯磨き粉を使ったホワイトニングをする場合、同時にフッ素を使うといいと言われています。
歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、歯をコーティングしているエナメル層まで破壊してしまう可能性があります。
ですからフッ素を使ってコーティングしつつホワイトニングをするのが一番効果的なのです。

ほかにも500mlの水とスプーン1杯(3g)の重曹を混ぜてうがいをする方法もあって、これならかなり安上がりですし誰でもすぐにはじめられます。
また最近ではトゥースティックダブルと呼ばれる歯の消しゴムが販売されており、これを使って汚れを落とすこともできます。
ドラッグストアでも売っているみたいですから、気になる人は探してみてください。

ただいずれの方法も確実に白くできるというわけではありませんし、歯を傷つけてしまう可能性もあるので必ず正しいやり方を調べてから行ってください。
そして確実に白くしたいのであればやはり歯科へ行って専門的なホワイトニングをするのが一番なので、チャレンジして効果がなければ歯科で相談してみましょう。

top