歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!
歯の汚れを落とすホワイトニング歯磨きであなたも自信を取り戻そう!

歯を白くする食べ物はあるか

ホワイトニング歯磨き | 10月10日更新

歯に関する話題がのぼるとよく「歯を白くする食べ物はあるの?」という質問が目につきますが、これは実際のところどうなのでしょうか?
歯の白さは性別関係なく気になるものですし、綺麗な白い歯は健康的でポジティブなイメージを与えますので歯並びと同様に重視される傾向にあります。

まずはじめに歯を白くする食べ物はあるかと言えば答えはノーで、食物成分だけで歯を白くすることはできませんから確実に歯を白くしたいのであればホワイトニングを行うことをおすすめします。
しかし「歯を白くする」ことはできなくても、「歯の着色を落とす・予防する」食べ物はあって、これらを積極的に摂取するのはホワイトニングに良い影響を与えると言われています。

たとえばりんご、イチゴ、なつめ、梅、トマト、梨といった食べ物に含まれる「リンゴ酸」は歯の着色や汚れを防ぐ効果があると言われていますし、抗アレルギー作用もあり、疲労回復にもいいと言われています。
ただしビタミンCを殺してしまう作用もあるので、食べ過ぎには注意しなければなりません。

次にきくらげ、ひじき、切干し大根、ごぼうなどに含まれている「食物繊維」は歯はもちろん体内を掃除する効果がありますから、当然歯の汚れを落としたり、着色を予防する効果も期待できます。
また食物繊維を摂取することでお通じもよくなりますから、便秘がちな人にもおすすめです。

さらにパパイヤ、キウイ、パイナップルに含まれている「パパイン」という成分は歯の着色や汚れを落とす効果があると言われています。
ただし熱を加えてしまうとその効果もなくなるみたいですから、生のまま摂取するのが好ましいでしょう。

このように食べ物にも歯に良いものをたくさんありますから、普段の歯磨きと同様に何を食べるのかもこだわってほしいと思います。
そしてここにあげた食品だけを摂取するのではなくバランスの良い食事を心がけて、健康的な体作りをすることが良い歯を作ることにもつながります。

top